更年期障害の辛い症状を改善~フラフラ解消毎日元気な生活~

医者

女性に多い辛い症状

悩み

閉経の時期に、更年期障害に陥ってしまう人は少なくありません。身体や心が不安定となり、大きな負担となってしまう人もいるのです。このような更年期障害は、周りに理解を求めて無理をせずに過ごしていけば、辛い症状も軽くなっていくでしょう。

Read More...

症状を診察してくれる医師

女性

更年期障害では、様々な症状が起きます。その時に診察を受けるときは、相性が良いと思える女医で更年期障害の経験者であれば安心して薬の相談や愚痴を話すことが出来るのです。お互いの信頼関係があると体の状態を把握してくれます。今後の症状で必要な薬を処方してくれます。

Read More...

特に女性に多い病気

困る

更年期障害は男性にも、女性にも起こる病気です。症状としては、イライラしたり、やる気が出なかったり、だるいなどと言った症状があります。どちらも性ホルモンが減少することによって引き起こされるものと考えられています。

Read More...

閉経前後の10年間

高齢者を悩ませる、更年期障害を著しく緩和するならこちらへどうぞ。高い改善効果を得られますよ。気になる方法を要チェック。

心配な不定愁訴

医者

更年期というのは閉経を挟んだ前後10年間といわれています。月経が不規則になってきたら更年期で、ほとんどの場合本人が意識しないうちに起こってくるものですから、振り返ってみたときにあのころが更年期だったと思い当たる人も少なくはありません。月経に次いで更年期を自覚する症状には、のぼせやほてり発汗の症状があります。これらの症状は自律神経失調症です。これらの症状は不定愁訴と呼ばれていて特に女性ホルモンの不足で引き起こされてきます。精神も不安定になってきて感情のコントロールもできなくなる人も出てきます。これらの不安な症状を和らげるためには女性ホルモンを体内に補充する方法がとられています。ほてりやのぼせに効果を発揮して人気のある治療方法になっています。

女性ホルモンを補充する

この女性ホルモン補充する治療方法は更年期障害の症状を劇的に改善させ体の症状ばかりでなくイライラや不眠、うつなどの精神的な症状も和らげてくれます。現在この女性ホルモンを補充する治療方法は主として更年期障害の治療方法として使われていますが、更年期障害以外にも劇的に効果が表れる病気があります。それは骨粗鬆症で、骨量が急激に減少してくる更年期にこの療法を行えばこの病気も抑えることが可能になってきています。高齢期になるとこの骨粗鬆症を発症して骨折をする人が多くなってきます。骨折がもとで寝たきりになることも少なくはありません。更年期障害の治療としても将来の骨量の減少対策にもこの女性ホルモンを補充する療法はますます盛んになってきます。